『マンガ京・妖怪絵巻作画秘話』 第1話『輪入道(わにゅうどう)』

マンガの仕事
青柳恵太
青柳恵太

どーもこんにちは。

サラリーマン漫画家の青柳恵太です。

今回の記事では、2019年5月5日発行の京都新聞「ジュニアタイムズ」創刊号にて

掲載された『輪入道(わにゅうどう)』について作画秘話をご紹介します。

まだ、「マンガ『京・妖怪絵巻』の舞台裏」の記事をご覧いただいていない方は、
そちらの記事から先にご覧いただくことをおススメします。


「輪入道」という妖怪はどんな妖怪なのか?

記念すべき第1話では、『輪入道』という妖怪の物語を執筆しました。

片輪車の中央に入道(坊主頭の化け物)の顔がついている妖怪です。

水木しげる先生のマンガにもよく登場する妖怪として有名ですね。

でも、実際どんな妖怪かって聞かれるとなかなか謎の多い妖怪ですよね。

物語は新聞に掲載されているマンガを手に取って読んでいただきたいので、

ここでは「輪入道」という妖怪の簡単な説明にとどめておきたいと思いますが、
「輪入道」は、江戸時代に京都の東洞院通に現れたとされる妖怪で
その姿を見たものは魂を抜かれるといわれています。

「此所勝母里」と書かれたお札を呪符として家の戸に貼っておくと
輪入道は、その家に近づくことができないとされているそうです。


「輪入道」の制作秘話

この作品は、『マンガ京・妖怪絵巻』の第1話目ということで正直かなり緊張していました。

他にどんな漫画家さんが担当されているのか分からない状態で、本当にいいのかなと思う反面、
トップバッターを任されたからには、他の方に負けないように頑張ろうという気持ちにもなりました。

とりあえず、妖怪を描いたことがなかったので、妖怪に関する資料を買い漁り、
妖怪の勉強から始めたのですが、そういう資料を読む時間が夜中しかないので
夜にトイレ行くのは怖いし、夢に出てくるしでなかなか大変でした(泣)

ちなみに水木しげる先生の妖怪図鑑が一番、勉強になりましたので興味ある方はぜひ読んでみてください。
ただし、夜中に見るのはオススメしません(笑)


妖怪ビジュアル大図鑑 (講談社ポケット百科シリーズ)


実はこの「輪入道」という妖怪は、連載が始まる前の企画書でも描いたのですが、
その際に提出させていただいたイメージはこんな感じでした。

企画書段階の輪入道

企画書の段階からすでに容姿のデザインは決まっていましたが、
そこに完成原稿版ではデジタル作画ならではの作画方法として
炎が描ける特殊ブラシやいろいろなテクスチャを合成しながら、
燃え盛る輪入道のおどろおどろしい姿を表現しています。

ラフで描いた輪入道
完成原稿(一部ブログ用に加工)

輪入道の肌質を出すためにみかんの皮をテクスチャにして合成しています。

(みかんの皮をテクスチャにするのは以前にTwitterで見た技法です)

もし、デジタル作画に興味のある方がいましたら、
『我流作画戯法』という記事も執筆していますので併せてご覧ください。

最新号、またはバックナンバーを読みたいという方へ

本ブログでは、新聞に掲載したマンガの一部のみを公開しています。

もし、全面をご覧になりたい場合は、京都新聞社HPより
京都府以外にお住まいの方も新聞の取り寄せが可能で、
バックナンバーまたは紙面コピーの依頼も可能です。

新聞では専門家の解説や出没場所を地図付きで紹介していて子どもも大人も楽しめる内容になっていますので
ぜひ、お申込みいただいて大迫力の紙面をご覧ください。

青柳恵太/Jackpot Arts

”想像”から”創造”へ――…!!

京都精華大学マンガ学部でノウハウを学び、
企業広告や行政マンガの執筆を行うサラリーマン漫画家です!!
あなたの”想像”を私のマンガで”創造”に変えませんか――?

1991年生まれ 兵庫県明石市在住。
小学生の頃にコロコロコミックの続きが待ちきれず自分で続きを描こうと思ったのがきっかけでマンガを描き始め、気がつけば約20年……

青柳恵太/Jackpot Artsをフォローする

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
マンガの仕事 マンガ・京妖怪絵巻 未分類
青柳恵太/Jackpot Artsをフォローする
Jackpot Arts

コメント

  1. […] […]

  2. […] 例えば、『輪入道』は「炎と光源」、『小袖の手』は「着物の柄」、『鵺』は「妖怪の空気感」、『衣蛸』は「海の描写とタコの質感」…という風に自分の描けるもの以上のクオリティを目指して、いろいろと研究しながら描かせていただいています。 […]

  3. […] […]

  4. […] 第1話の「輪入道」然り、「入道」とよばれる妖怪は描いていて楽しいです。 […]

タイトルとURLをコピーしました